フェザータッチMAGIC


  • トップに戻る

  • 2022.12CALENDAR

    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    TODAY
    冬季休日
    • ・土曜、13時まで発送
    • ・日曜・祝日:発送休み

    2023.1CALENDAR

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    冬季休日


    後払い認定
    ★ スマホ決済もOK。
    バーコード読んで即お支払い
    ⇒詳細は、こちらから

    リアル・デンジャー(4色紙袋のロシアンルーレット)

    画像の矢印<>をクリックして他の画像をご覧ください。

    透視

    リアル・デンジャー(4色紙袋のロシアンルーレット)

    評価1
    評価2
    評価3
    評価4
    評価5

    4.5

    (2件)

    3,800(税込)

    38ポイント獲得!

    数量

    在庫あり

    システム商品コード
    014000000095
    オリジナル商品名
    E-8:Real Danger
    製造元
    Aldo Colombini
    特記事項
    観客参加型のメンタルマジック

    この商品についてのレビュー
    レビューを書く

    • Hさん

      評価1
      評価2
      評価3
      評価4
      評価5

      4

      あーこれか!って 少し残念な原理ではありましたが 演じてみたい魅力はあります もう少し安くてもいいいような気はしますけど 可です

      2020/01/02 13:27

    • 購入者さん

      評価1
      評価2
      評価3
      評価4
      評価5

      5

      何度か実演しましたが、フリーチョイスなのでとても不思議がられます。 原理もなかなか巧妙だと思いました。 価格も高くないのでステージでオススメのマジックです。

      2016/06/13 22:44

      4色の紙袋で行うロシアンルーレット!
    メカを使わず、巧妙な仕掛けで毎回驚きの結末!

    ● 残った袋の中には、、、、、、、、?!

      ハラハラ、ドキドキの観客参加型のメンタルマジックです。
    <内容・特徴>

    <2005年のIBMマジックコンベンションにおけるAldo Colombiniのレクチャーで大好評だったものです。多くの方からの要望により、商品化されました。>
    <演技>
     
    ● テーブルに4色の紙袋を置きます。袋の上は閉じられていて、中は見えません。
    3人の観客にステージに上がってもらいます。
    ● 3人の観客それぞれに、1から4の好きな数字を選んでもらいます。⇒フリーチョイス
    例えば、彼らが「1」、「2」と「4」を選んだとします。残った「3」が演者の数字となります。
    ● 再度、『誰か演者の数字と交換したい人がいないか』確認します。何人でも、何回でも交換しながら、最終の番号を決定します。

    ● こうして、全く自由に数字が決まったら番号札を持ってもらいます。その番号のカードの色にあった袋の前に立ってもらいます。
    ● 残った袋が、演者のものになります。<選んでもらうのは、マジシャンズチョイスではありません>
    ● 3人の観客に順番にか、または3人一斉に、
    手で袋を上から叩き潰してもらいます。
    ● 残された袋を慎重に開けて
     
    ● 袋から割れたビンを取り出して見せます。
    ● ビンが本物であることを、何か金属で叩いてみせます。

    ★ 紙袋を使った、おなじみのロシアンルーレットの手順が、高価な道具、メカを使わずに演じられます。
    最大の特徴は、メカに頼らないので、特定の物(ナイフ等)に限らず、袋の中身が自由に替えられることです。
     ⇒割れたビン、ガラス等の危険物から、
     ⇒結婚式での袋一杯の紙ふぶき、
     ⇒子供会でのキャンディ、ケーキ、
     ⇒その他パーティ等での宝飾品等なんでもOK!


    また、反対にそれ以外の袋のほうに、紙ふぶき、小さなぬいぐるみを入れておいて叩いてもらっても面白いでしょう。そして、残った袋には危険な物が・・・。
    ★ ステージでも、クロースアップでも演じられる、
    現象の派手なメンタルマジックす。ただし、危険?を伴うマジックでもあります。慎重に演じて、盛り上げてください。
    ★ 最後に残る袋は、毎回決まってはいません。⇒観客が選ぶのですから、、、?
    ★ 残る袋、使用する袋の
    コントロールには、巧妙なアイディア、原理が使われています。いろいろ応用範囲の広い仕掛けです。
    ⇒数字の選択は全くフリーチョイスです。袋の選択に、マジシャンズチョイスは使いません
    ★ 袋の中には初めから割れたビン等が入っています。⇒後から入れたり、袋をすり替えたりはしません。

    ● 最終選択に至るまでのコントロール法は、非常に応用性があります。


    <お客様からのコメント>
    ● 基本的な演じ方ベースは一緒なのですが、このときは袋は口を下にし、底が上にくるようにセットします。そしてズレないように少し外側に折込みセロテープで固定しておきます。(中身が空だと意外と動いてしまうので・・・)
    ● そして、唯一気になるのが若干の不安要素・・・そう、本当に割れたビンなどを入れたままにしてある事ですね。 観客が割れたビンの入った袋を、感情の変化で突発的に叩いてしまうことも考えられると思います・・・。当然、大怪我・・!? たいへん危険です!
    ● そこで実際に割れたビンや、ナイフなどを入れた袋には、予めペットボトル(付属の袋には900mlのボトルがベスト!)の底をカットしたものをナイフなどの上にスッポリとかぶせてカバーしておくことをお勧めします!
    ● もちろんラベルなどもキレイに剥がしておき透明な状態で目立たなくし、最後に残った際 袋を上に持ち上げるのと同時にボトルも持ち上げてしまうとしっかりと鋭い刃物などが登場してきてビックリします!(ナイフなどは何か台になるものを作り差し込んで立てるのがベター)
    安全でラストも衝撃的に演出できます。
    ● 私が演じるときはゲスト3人の他に観客の一人を呼び、ナイフを入れる袋をそっと決めてもらいマジシャンだけに告げてもらいます。皆にはだまっているように口止めし、客席に戻ってもらいます。
    ● マジシャンは観客の選んだ 《例えば・・・赤の袋》にはナイフを入れず、最初から自分の決めていた《例えば・・・青の袋》に入れてしまいます。
    ● 当然、自然な流れでゲストの1人が赤の袋を叩くことになりますが、自分の決めた赤い袋を誰かが叩かなくてはならなくなったので、赤い袋に入っていると思っている観客の1人は ハラハラ・ドキドキ・・・!見ている観客も騙してしまいます。
    ● できれば赤い袋を叩く予定の人は3人目にするようにもっていき、いざ叩く段階になったらマジシャンは、あわてて救急箱・タオル・消毒液などを用意し始める・・・という演出も大ウケでした!
        -さいたま市、マイケル伊藤様ー
    <オプション->
    ● 補充用カラー紙袋 

      4色、10セットの計40枚セット
    <リフィル:補充用>カラー紙袋

     
     商 品
    1.カラー紙袋 (4色) x 5セット
    (袋サイズ:13cmx23cmx8cm)
    2.番号札 x 1式
    (カードサイズ:85mmx120mm)
    3.英文解説書 x 1
    4.日本語解説書 x 1

    ● フェザータッチMAGICオリジナルのカード、4色紙袋付きのフルセット
    ★ 海外の元々の商品は、番号札のみのセットですが、
    すぐに演じられるように、フェザータッチMAGICにて、必要な4色の紙袋をセットいたしました。あとは袋の中に入れるもの(割れたビン等)を準備していただくだけで、すぐ演じることができます。

    商品グループ

    最近チェックした商品